学生でもクレジットカードを作れるのはなぜか?を解説

クレジットカード,学生,審査比較

「大学生や専門学校生でもクレジットカードを作れるの?」と思うかもしれませんが、クレジットカードの申込みに問題はありません。ただし、20歳未満の未成年者の学生の場合は、保護者の同意が必要になる点に注意が必要です。18歳以上で高校生でないというのが、一般的なクレジットカードの申込条件となっています。

 

学生でもクレジットカードが作れる理由1

学生でもクレジットカードが作れるのは、基本的には、「親の信用」によってカードが発行されるからです。学生の場合は、仕事をしていませんので、自分の収入で返済能力を証明することができません。

 

しかし親は、子供の成長や人生を何よりも大切に考えてくれます。万が一、クレジットカードの返済が困難となった場合にサポートしてくれると考えられます。そのような親の子に対する思いが信用となり、学生でもクレジットカードが作れるというわけです。

 

学生でもクレジットカードが作れる理由2

クレジットカード会社の立場で考えると、学生のうちに自社のサービスになじんでもらい、「社会人になってからも、継続して利用して欲しい」と考えるかもしれません。そのような学生の将来を見据えての戦略があるから、学生でもクレジットカードが作れるのかもしれませんね。

大学生、専門学校生、短大生で審査結果に違いは出るのか?

クレジットカード,学生,審査比較

大学生、専門学校生などによる審査の違い

大学生や専門学校生、短大生による審査結果の違いは、ほとんどないと考えて大丈夫です。
クレジットカードの審査を突き詰めて考えると、

「看護学校の学生は、将来、安定して収入が・・・」

「○○学科の大学生は、将来どうするんだろう・・・」

と判断することもできます。
しかしまだ就職もしていない学生の審査で、さすがにそこまでは判断材料にしていないと思われます。大学生でも専門学校生でも大丈夫ですので、安心してクレジットカードを選んでください。

学生用クレジットカードならではの特典

クレジットカード,学生,審査比較

学生用クレジットカードの特典とは?

学生用クレジットカードの中には、

  • ポイントが通常よりも多くもらえる
  • 在学期間中の年会費が無料
  • キャッシュバックがもらえる

といった特典が用意されていることがあります。クレジットカードの特典だけで選ぶものではありませんが、一般の申込みよりも有利なのは確かなようですね。

学生用と一般カードの違いについて

学生用と一般のクレジットカードの間には、基本的には違いがあるわけではありません。一般よりも低金利で利用できるわけではなく、あくまでも社会人が利用しているクレジットカードを利用することになります。
学生用クレジットカードに特典が用意されている場合もありますが、クレジットカードの利用のしすぎには十分注意し、返済できる範囲内での利用を心がけるようにしてください。

学生カードは一般のカードとどう違うか?

クレジットカード,学生,審査比較

学生クレジットカードは特典が豊富

学生向けのクレジットカードには、一般カードよりも豊富に「特典」が用意されています。すべての学生向けクレジットカードではありませんが、

  • ポイント2倍!
  • キャッシュバックあり
  • マイル(ポイント)がもらえる

といった特典が用意されていることがあります。一般カードと比較すると、サービスが充実しているのが、学生向けクレジットカードの特徴です。

年会費が無料のサービスも!

学生向けのクレジットカードには、「年会費が無料」というものもあります。一般の年会費が1000円近くかかるものでも「卒業までは無料」であることがあります。経済的に余裕がない学生に配慮してのことだと思いますが、一般のクレジットカードよりも維持費がかからないのも学生カードの特徴となっています。

機能は一般クレジットカードと同等!

「学生だから、カードの機能に制限があるのでは・・・」と思うかもしれませんが、一般のクレジットカードと同じように使えます。ネット通販や加盟店舗でのショッピングの決済に利用できるのはもちろん、海外でも使えますし、ETCカード発行に対応できるサービスもあります。

学生カード・家族カードのメリットデメリットとは

クレジットカード,学生,審査比較

学生カードのメリットとデメリットについて
メリット

学生カードを選ぶメリットは、やはり特典が多く用意されていることです。ポイントが通常よりも多くもらえたり、カードをつくるだけでキャッシュバックがあるのは、学生カードだけのメリットです。

デメリット

逆に学生カードのデメリットは、保護者の同意が必要なことです。親の了解を得て申し込むことになるので、若干の手間がかかるのが気になりますね。

家族カードのメリットとデメリットについて
メリット

学生が家族カードにするメリットは、カード発行がほぼ確実であること。これまでの親のクレジットカード利用による信用がありますので、カードが作れなかったというケースがほとんどありません。

デメリット

逆にデメリットになってしまうのは、「なににお金を使ったか?」が親に監視されることです。親に内緒で買い物できないので、少し不便に感じてしまうかもしれませんね。

オンライン申込は簡単でキャンペーンでポイントがもらえる!

クレジットカード,学生,審査比較

オンライン申込みのメリットについて

学生カードをオンライン申込みですると、

  • 手続きが簡単!
  • さらにポイントがつくことも!

というメリットがあります。キャンペーンのポイントは、期間中の申込みが必要なこともありますが、手続きが簡単で手間がかからないのがオンライン申込みのいいところですね。

オンライン申込みからクレジットカード受取までの流れ

クレジットカード会社のサイトから申込みをすると、

  1. 限度額決定のための審査
  2. 申込み意思の確認
  3. クレジットカードの郵送(または、店頭受取り)

という流れになります。郵送で学生カードを受け取るなら最短で約1週間、店頭受取なら最短即日でカードが使えるようになります。

学生カードをつくるときに必要なもの

クレジットカード,学生,審査比較

学生がクレジットカード作る際に必要になるものは、

  • 学生証
  • 本人確認書類
  • 銀行口座の情報
  • 銀行届出印

などになります。一定額以上のキャッシング枠を希望する場合に収入証明書が必要になることもありますが、通常は、上の4つのもので足りるはずです。

本人確認書類とは?

本人確認書類が分からないかもしれませんが、これは、クレジットカードの申込みをした本人であることを証明するための書類です。基本的には「運転免許証」を用意しますが、免許証の交付を受けていない学生は、パスポート個人番号カードなどの顔写真付きの証明書を用意してください。

 

なお、本人確認書類に記載の住所と現住所が異なる場合は、

公共料金の領収証(電話、電気、NHKなど)

社会保険料の領収書

なども用意することになります。

学生のクレジットカードを作れる条件とは?

クレジットカード,学生,審査比較

学生のクレジットカードの審査は、社会人の審査とは異なり、

  • きちんと学校に在籍していること
  • 親権者の身元がはっきりしていること

の2つが重要になります。

きちんと学校に在籍していることとは?

まず学生であることがなぜ重要なのかというと、在籍していなければ属性が大きく異なってしまうからです。たとえば、20歳で大学生のAさんと学生でもなく何もしていないBさんを比較した場合、
・Aさんの職業:学生
・Bさんの職業:無職

になります。
やることがあって「何かをしている人」となにもしていない「無職」とでは、審査における属性が大きく異なります。クレジットカードの申込みに「学生証」が必要になるのも、無職でないことを証明するためです。

親権者の身元がはっきりしていることとは?

また、学生の場合は、万一、クレジットカードの支払いができなくなった際、親権者のサポートに期待できます。親権者のサポートがなければ、当然カード発行が難しくなりますので、「親権者の所在がはっきりしていること」も重要な要素になります。

学生のクレジットカードの審査項目とは?

クレジットカード,学生,審査比較

学生のクレジットカード審査の項目で重要なのは、学校名や卒業予定年月、年収などではありません。親権者や実家の連絡先なども重要になりますが、

  • すでにキャッシングを利用しているか?
  • 携帯料金の支払いなどに遅れがないか?

が重視されます。
消費者金融などで多額のお金を借りていたり、携帯電話の支払いが頻繁に遅れていると、クレジットカードの審査で落ちてしまうことも考えられます。

電話連絡(在籍確認)はあるのか?

学生のクレジットカード申込みにおける電話連絡は、勤務先の確認を目的とするものではありません。
審査で実家や自分の携帯電話に連絡が入りますが、

  • 本人の申込み意思の確認
  • 親権者の同意の確認

のためにしています。
学校にクレジットカードの申込みが分かる事もありませんので、電話連絡については、あまり気にする必要はないと思います。ただし、クレジットカードの審査では「本人と連絡が取れること」が重視されています。クレジットカード会社から電話があったときは、必ず応対するようにしましょう。

未成年の場合は必ず親権者の同意が必要です

クレジットカード,学生,審査比較

民法における未成年者の法律行為について

未成年の学生がクレジットカードを作る場合は、必ず親権者(親)の同意が必要になります。未成年者は、民法によって、法律行為をする際に「法定代理人の同意」が必要になると決まっているからです。

 

親権者の同意なしにした契約などは、後から親権者によって取り消すことができます。クレジットカード会社も安心して取引するために、学生の親権者からの同意は、必ずもらうようにしています。

保護者の成りすましを依頼すると?

なお、親権者の同意が得られないからといって「保護者の成りすまし」を依頼するのは危険です。保護者の成り済ましは、簡単に審査でバレてしまいますし、二度とクレジットカードが作れなくなります。クレジットカード会社の社内ブラックになるだけですので、必ず親に相談してから申込むようにしてください。

嘘や誤った情報を記入すると審査には通らない

クレジットカード,学生,審査比較

クレジットカードの審査項目は正直に!

クレジットカードの審査で「成り済まし」の依頼が危険なのはもちろん、すべての審査項目を正直に伝える必要があります。審査項目で誤った情報をクレジットカード会社に伝えてしまうと、それが原因で審査に落ちることがあるからです。

 

とくに別会社のローンの状況(借入額や件数)を過少申告すると、ただちに審査落ちになってしまいます。別会社のローンは、信用情報機関の情報で確認されますので、必ず正直に申告するようにしてください。

アルバイト収入も正直に申告!

「アルバイトの収入があったほうが審査に通る」と思うかもしれませんが、学生の場合は、あまり気にする必要はありません。アルバイトしていたとしても、大きな金額にはなりませんし、安定した収入になるわけではないからです。
アルバイト収入0円でもクレジットカードが作れることもありますので、アルバイト収入についても正確な情報を伝えるようにしましょう。

アルバイト年収、親の年収、仕送り、奨学金はそれぞれどう申告するか?

クレジットカード,学生,審査比較

審査項目の「年収欄」の記載について

クレジットカードの申込み画面では、多数の審査項目について回答していくことになります。審査項目の「年収」の回答が分からないかもしれませんが、基本的には、「1ヶ月あたりのアルバイト収入×12ヶ月」の金額を入力します。

 

毎月3万円のアルバイト収入がある学生は、3万円×12ヶ月=36万円が年収です。これに「親からの仕送り」「奨学金」を含めて回答することも可能です。

 

クレジットカード会社ごとに、申込み画面で説明があると思いますので、よく理解してから回答すれば、問題になることはないでしょう。

親の年収も申告するの?

なお一般的なクレジットカードの申込みで、年収欄に「親の年収」を回答することはありません。不明な点が残る場合は、クレジットカード会社のフリーダイヤルに電話をかけて、確認しながら回答するのがおすすめです。

 

学生は収入0円でもクレジットカード作成可能

クレジットカード,学生,審査比較

学生の年収は審査に関係ない?

クレジットカードの審査項目には、必ず「年収」について回答する欄が用意されています。学生の場合は、アルバイトをしていなければ「年収0円」になりますが、基本的には年収0円でもクレジットカードは作れます。

 

学生向けのクレジットカードの審査は、一般のクレジットカードとは異なる特別な審査基準で行われています。収入が0だからといって落ち込む必要はありませんので、収入欄については正直に0円と入力するようにしましょう。

学生は収入よりも「信用」が第一!

学生向けクレジットカードの審査では、収入よりも「信用」が重視されています。これまでの金融機関との取引き(自動車やバイクのローン、携帯電話本体の分割払い)で問題がなければ大丈夫です。逆にこれまでの金融機関との取引で「信用がない」と評価されてしまうと、クレジットカードを作ることが難しくなります。

両親の信用情報・学生本人の信用情報が大切

クレジットカード,学生,審査比較

学生本人の信用情報について

学生本人の信用情報は、国に指定された「信用情報機関」の登録データをもとに確認されます。このときの信用情報で重視されるポイントは、

  • 他社ローンの借入残高、件数
  • 過去の履歴における返済状況(延滞がないか?)
  • キャッシングの利用残高

などになります。

 

他社のローンの残高や件数については、借入れがあるからといって問題なるものではありません。学生の身分から考えて、「お金の借りすぎでは?」とならなければ、問題なることはないでしょう。

 

むしろ、これまでのローンの返済で延滞があったり、キャッシングでお金を借りすぎている場合は、審査が厳しくなることがあります。

親の信用情報の重要性について

未成年者が学生向けクレジットカードに申込む場合は、親の同意が必要になり、親の信用情報についても確認されます。

 

親の信用情報が極端に悪い場合を除けば、親の信用情報がクレジットカード審査に与える影響は大きくありません。学生のクレジットカードの利用枠は大きくありませんので、参考程度に見られていると考えるのがいいでしょう。

25歳以上の学生は学生カードを作れるか?

クレジットカード,学生,審査比較

学生用クレジットカードの年齢制限について

一般的な学生用クレジットカードは、年齢制限25歳以下となっています。26歳以上の学生もいると思いますが、その場合は社会人向けのクレジットカードを選ぶことになります。
一般のクレジットカードは、学生向けのような「特典」はありませんが、クレジットカードが作れないわけではありません。

学生カード利用中に26歳になると?

学生向けのクレジットカードを利用している途中で、26歳になるケースがあります。利用中に26歳になった場合についても、一般のクレジットカードに切り替わるだけですので、25歳を過ぎたからといって、クレジットカードが利用できなくなることはありません。

 

「学生クレジットカード審査比較|学生クレジットカードの賢い選び方」関連情報