学生が即日発行できるクレジットカードの選び方について

学生,クレジットカード,即日発行

クレジットカードの即日発行とは?

クレジットカードの即日発行というのは、カードの申込みをした当日中に審査が終了し、その日のうちにカードを受取ることをいいます。「当日中にカードを受取るなんてできるの?」と思うかもしれませんが、

  1. インターネット(金融機関のホームページ)からの申込み
  2. クレジットカード審査の完了
  3. 最寄りの店頭窓口でカードの受取り

という流れで、即日発行となる場合があります。必ず即日発行になる保証はありませんが、必要書類を用意して早めに行動すれば、実現できる可能性が高まります。

クレジットカードの即日発行ができる条件とは?

クレジットカードの即日発行ができるための条件は、

  • 審査が最短即日で(その日のうちに)終了すること
  • 必要書類を早急に用意できること
  • 当日中にカードを受取りに行けること

の3つです。

審査について

まずクレジットカードの審査にかかる時間は、どの会社でも同じではありません。カード会社によっては、最短30分というスピードで終了するものもあれば、結果が分かるまでに2週間近くかかる会社もあります。クレジットカードの即日発行を希望する学生は、少なくとも「審査が最短即日で終了する」ことが必要になります。

必要書類について

またクレジットカードの申込みでは、身分証明書、銀行届出印(口座引落の銀行情報)、親の同意書(未成年者の場合)が必要になります。これらの書類が用意できるまではカード発行となりません。即日発行を希望しているなら、書類の用意も早めにしなければなりません。

カードの受け取りについて

当日中にカードを受取るためには、店頭窓口に行く必要があります。アコムのACマスターカードのように、全国各地に店舗があるわけではありませんので、カード発行の店舗窓口の所在地を確認する必要があります。

学生が即日発行できるクレジットカードの審査条件

学生,クレジットカード,即日発行

まずは、学生の申込みができること!

クレジットカードのすべてに学生が申し込めるわけではありません。学生が利用できるクレジットカードは、いくつかに限定されています。まずは「学生が申し込めるサービスか?」を確認するようにしてください。

学校の所在地が限定されている場合も!

他にも地方銀行のクレジットカードで「居住地(学校の所在地)」が限定されている場合があります。クレジットカードのサイトに「申込条件」の説明がありますので、十分に理解してから申込むようにしてください。

年齢条件を満たしていること!

学生のクレジットカードで注意しなければならないのは、「年齢の条件を満たしているか」という点です。一般的な学生向けクレジットカードでは「18歳以上(高校生を除く)~25歳以下」が年齢条件となっています。

26歳の人はどうすればいいの?

18歳未満はもちろん、26歳以上の学生も「学生向けカード」は利用できません。とくに26歳以上の学生は、一般のクレジットカードしか選べませんので、その中から即日発効を目指すようにしてください。

未成年者は親の同意が得られること!

20歳未満の学生がクレジットカードに申込むときは、必ず法定代理人(親権者)の同意が必要になります。法定代理人の同意なしでした、未成年者の契約は、後日取り消すことができるからです。

親の同意が得られない場合は?

クレジットカード会社も安定したサービスを提供しなければなりません。そのため未成年者の申込みに対しては、必ず保護者の同意を求めています。親の同意を得るのが難しい場合もありますが、「親の成りすまし」だけは依頼しないようにしましょう。

学生が即日発行できるクレジットカードを選ぶ注意点

学生,クレジットカード,即日発行

リボ払いの注意点について理解する!

学生のクレジットカード申込みでは、即日発行だけでなくリボ払いの仕組みについても理解するようにしてください。クレジットカードの支払方式に「リボ払い」となっている場合は、返済期間が長くなり、利息の負担が大きくなる場合があります。

 

とくに30万円を超える高額のショッピング代金をリボ払いにすると、返済が完了するまでに5年以上かかってしまうことも珍しくありません。

 

クレジットカード会社ごとに支払方式が定められていますので、カード発行急いでいる場合でも、しっかりと確認してから申込むようにしてください。

キャシング枠はアルバイトをしていることが前提!

クレジットカードの即日発行で「キャッシング機能」の利用も希望している学生は、キャッシングの限度額の決まり方(仕組み)についても理解しておくことが重要です。クレジットカード会社のキャッシングでは、貸付できる上限額が年収の3分の1までに制限されています。

キャッシング枠の一例

たとえば、毎月5万円のアルバイト収入がある学生なら、年間の収入が60万円になります。この場合のキャッシング枠は、最高でも20万円までです。アルバイトをしていない学生がキャッシングできないのはもちろん、高額なキャッシングが難しいという点にも注意するようにしてください。