学生クレジットカードでもキャッシングできるための条件とは?

学生,クレジットカード,キャッシング

一般的なキャッシング枠の利用条件について

一般的なクレジットカードのキャッシング枠では、「20歳以上で安定した収入があること」が条件となっています。20歳未満の学生のキャッシングが法律で禁止されているわけではありませんが、民法上、保護者の同意が必要になります。学生が親の同意を得てキャッシングできるはずがありませんので、20歳以上を条件としているクレジットカード会社がほとんどです。

 

また、「収入があること」というのは、貸金業法の規制によるものです。貸金業法では、年収の3分の1を上回る貸付を原則、禁止していますので、アルバイト収入がなければキャシング枠が認められないということです。

未成年者のキャッシングの利用について

未成年者がクレジットカードでキャッシングするのは、非常に困難です。実際にキャッシングをしないほうがいいケースも多くなると思いますので、まずは、借入れせずに済ませる方法を考えてください。
どうしてもお金が必要という場合に限り、学生向けのカードローンの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

ショッピング枠の現金化はしないこと!

また、どうしても現金が必要ということで、クレジットカードのショッピング枠を現金化するケースがあるようです。ショッピング枠の現金化は、クレジットカードの規約違反にもなりますし、法外な手数料を取られるだけです。

 

ショッピング枠の現金化でメリットは何もありませんので、絶対に手を出さないようにしましょう。

学生がキャッシングするにはどうすればいいの?

学生,クレジットカード,キャッシング

キャッシング利用時の「年収」の範囲について

キャッシングを利用する際の「年収」については、貸金業法によって具体的に定められています。貸金業法では、

  • アルバイト収入などの給与所得
  • 事業所得(個人事業主の場合)
  • 年金
  • 家賃収入

などが収入として計算されます。
学生の場合は、仕送り小遣いを受取ることがありますが、これは年収に含めることができませんので、間違いないように注意してください。

キャッシングで必要になる収入証明書類とは?

一定額以上のキャシング枠を希望する場合、クレジットカード会社から「収入証明書類」を提出するように言われることがあります。

 

収入証明書類というのは、あなたの年収を公的に証明するための書類のことです。アルバイトをしている学生は「源泉徴収票」、アフィリエイト収入などがあり、確定申告をしているなら「確定申告書の控え」などが収入証明書類になります。

収入証明書が必要になるときについて

収入証明書類の提出が必要になるケースは、やはり、貸金業法によって決められています。貸金業法では、クレジットカード会社などが貸付をする際、

 1.キャッシング枠の希望が50万円を超えているとき

 2.他の業者からの借入れを含め、残高が100万円を超えるとき

の2つのケースで提出を受けなければならないとしています。

 

学生の場合は、収入証明書類の用意が難しいこともあると思いますので、キャッシングをする場合でも、必要最小限にとどめるようにしてください。

クレジットカードの保証人や親の連絡先は必要なの?

学生,クレジットカード,キャッシング

クレジットカードのキャッシングに保証人は必要か?

キャッシングは、お金を借りるサービスなので、「保証人が必要になるのでは?」と思うかもしれません。しかし、学生かどうかに関係なく、一般のクレジットカード会社では、キャッシング枠の利用に保証人は必要ないとしています。
また、借金をする際の担保(不動産や株式、国債など)も必要ありませんので、担保や保証人については、気にする必要はありません。

学校や親に内緒でキャッシングできるか?
学生の場合は、学校や親に内緒でキャッシングしたいと思うかもしれませんが、これは利用する本人次第だと思います。

 

クレジットカード会社から大学や専門学校に連絡を入れることは基本的にはありません。しかし本人の不注意でキャッシングしていることを話してしまったり、明細書が他人の目に触れることもないとは言えません。

 

また、キャッシングの利用後に返済が滞ってしまえば、当然、クレジットカード会社からの請求を受けます。書面や電話での請求があった時に、親に借入れがバレる危険はゼロではありません。
無理のある借入れがバレる一番の原因ですので、返済計画を考えてから利用するのがおすすめです。

キャッシングの注意点について

キャッシングの利用で、経済的に失敗してしまう人がいるのは事実です。キャッシングで失敗してしまう原因のほとんどは、「多額のお金をリボ払いで返済する」と考える点にあります。
リボ払いは、残高が多くなればなるほど、返済期間が長くなり、金利負担も大幅に増えます。キャッシングで借入れする前に、必ず返済計画を考えておくことが重要です。金融機関のサイトに「返済シミュレーション」が用意されている場合がありますので、それを利用して金利負担や返済期間の長さについて理解しておくことをおすすめします。